ブログ

2021.01.07

嬉しかったこと

 別ブログ(アメブロ)にて、ピアノと脳の関係と、それが元で生み出される癖について書きました。

ご覧頂けましたら幸いです。

さて先日とある大学生の方にレッスンを行いました。

この方は実は音楽大学に通っているのですが、先ほどの私の別ブログを見て連絡を下さり、レッスンに通って下さることになりました。

彼はオクターブの奏法に悩みを抱えていまして、その改善のために何回かレッスンを行いましたが、先日オクターブを弾くのがだいぶ楽になったと言って下さり私自身も非常に嬉しい気持ちになりました。(※ちなみにこのブログの内容は大学生の方より許可を得て書いています。)

その際に「なんで先生はそんなに色々なピアノの悩みを解決できるのですか?」と尋ねられました。

その方にもお伝えしましたが一言でいうと「ピアノが下手」だったからです。

私自身は元々はピアノがかなり下手でしたが、下手なりに様々な先生から学び、教えを実践し、上手い人がいれば話を聞いたり、そして様々なピアニストを観察し研究することで、今ではこのくらいは弾けるようになりました。

この一連の学びや観察、研究が今の指導の際に大いに役に立っています。

ピアノというのはもちろんある程度の努力は必要となりますが、本来はとても楽に弾くことができます。

一生懸命練習しているにも関わらず上達しない人というのは、残念ながら努力の方向性がずれているということになります。

ピアノの悩みを抱えている方の努力を正しい方向へと導き、そしてどんどん上達し、楽に弾けるようになる手伝いができたらと思っております。

トラックバック

トラックバックURL:

ページトップへ